マウスピース型矯正装置を用いた治療Removable orthodontic aligners

マウスピース型矯正装置マウスピース型カスタムメイド矯正装置

透明なマウスピースで美しい口元へ

ご自身で取り外しができる透明なマウスピース型矯正装置で矯正治療を行うことができます。

マウスピース型矯正装置は、海外および国内でも数十社で製造されており、アメリカでは歯科矯正治療の1/3程度がマウスピース型矯正装置で行われています。

特に近年、マウスピース型矯正装置の進化は目覚ましく、
幅広い症状の治療に適応できるようになりました。

ワイヤー矯正との違い
  • 歯にフィットする透明な薄いマウスピースは、目立たないので気づかれない。
  • 取り外せるので、なんでも好きなものを違和感なく食べられます
  • 金具がないので、激しいスポーツも安全
  • ワイヤー矯正に比べると歯磨きやフロスが楽に行えます!
    取り外して装置も簡単に洗浄できるので、いつも清潔な状態で着用できます。
  • 通院回数が少なくて済みます
    マウスピース型矯正装置の場合は6~8週間に1回ほど、
    ワイヤー矯正装置の場合は4週間ごとの通院が必要です。
  • 金属アレルギーの心配をせず、矯正治療を受けることができます。

マウスピース型矯正装置を用いた治療で大切なこと。

1日20時間~22時間の装着が必要です。

マウスピース型矯正装置

装着しているうちに習慣になる方がほとんどです。
来院の際、治療スケジュールに沿って何枚かマウスピース型矯正装置をお渡ししますので、1週間~2週間ごとに、ご自身で新しい装置に交換して頂きます。

マウスピース型矯正装置を用いた治療が合わない場合もあります。

まずはご相談頂き、拝見して、個々のケースに合った治療法をご提案致します。

マウスピース型矯正装置による治療例

出っ歯(上顎前突)の治療例

主訴
前歯が出ているのが気になる
初診時年齢
22歳
診断名
上顎前突
抜歯/非抜歯
非抜歯
装置名
マウスピース型矯正装置(インビザライン®)
治療費用
約85万円(税別)と来院時に調節料2,000円(税別)
保定装置料(上下)50,000円(税抜)
治療期間
1年0ヶ月
治療に関する副作用/リスク
歯の移動時の痛み 歯の後戻り むし歯 歯周炎
before
before
after
after
before
after

受け口(反対咬合)の治療例

主訴
受け口が気になる
初診時年齢
22歳
診断名
反対咬合
抜歯/非抜歯
非抜歯
装置名
マウスピース型矯正装置(インビザライン®)
治療費用
約90万円(税別) と来院時に調節料2,000円(税別)
保定装置料(上下)50,000円
治療期間
1年6ヶ月
治療に関する副作用/リスク
歯の移動時の痛み 歯の後戻り むし歯 歯周炎
  • 治療方法・期間・結果は個人により異なります。
before
before
after
after
before
after

当院で行っているマウスピース型矯正装置による治療は2種類

マウスピース型矯正装置【インビザライン® (Invisalign®)】

難易度に応じた様々な歯並びの治療に使用することができます。

世界各国で600万人を超える治療実績(2019年現在)があり、そのデータを基に治療技術の安定性も日々進化しています。若年~成人まで、幅広い年齢層に適応でき、様々な歯並びの治療に使用することができます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン®)による治療は、どの歯科医師でも簡単に行える治療ではありません。特に歯の移動量が多い場合は、実際に起こり得る歯の動きを予測し、正しい方向へ軌道修正しながら治療を行う必要があります。そのため、良い治療結果を導くために矯正歯科の専門知識と経験が必要となります。

マウスピース型矯正装置インビザライン®の特徴

特徴 1画像を用いて治療経過のシミュレーションができる

シミュレーション画像

治療開始から終了までの各経過を細かにシミュレーションしてお見せすることができます。治療経過の歯の動きを動画でお見せすることができるので、ご自身の治療に対する理解がしやすいというメリットがあります。

このシミュレーションをもとに各マウスピース型矯正装置が作製されますので、治療の基本となるとても重要な部分です。シミュレーション上では現実とは異なる歯の動きも画像上で作成できてしまうため、的確な診断と実際の歯の動きを予測できる矯正歯科医による診断力が重要になります。

特徴 2一度の歯型で治療開始~治療ゴールまでのマウスピース型矯正装置が作製される。

インビザ箱とパウチ

ドクターが作成した治療計画に沿って、治療開始から治療のゴールまでのすべてのマウスピース型矯正装置が作製されます。マウスピースはコスタリカのラボにてロボットにより作製されます。難易度に応じてマウスピースの枚数が異なり、1度に送られてくるマウスピースは数枚~何十枚となります。

実際に患者さんに装着して頂いた様子がこちらです。

装着例
装着例
口元アップ
口元アップ

マウスピース型矯正装置は歯によくフィットするよう精密に作られているので、正しく着用すればまったく目立ちません。初めて装着する日は発音時に違和感を感じますが、数日~1週間で慣れてきます

  • マウスピース型矯正装置インビザライン®は米アラインテクノロジー社の製品の商標です。米アラインテクノロジー社のシステムを、アラインテクノロジージャパン社を通じて利用しております。
  • アライナーの材料および型取りに利用する口腔内スキャン装置(iTero element)は薬事承認を受けていますが、完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
  • 2019年現在、全世界で600万症例がマウスピース型矯正装置インビザライン®で治療されています。歯科矯正に伴う個別のリスク以外の重大な副作用の報告はありません。

マウスピース型矯正装置【アソアライナー®(AsoAligner®)】

アソアライナー

ちょっとした歯の重なり、ちょっとした隙間を閉じたい、など、比較的軽度の症状の治療に用います。こちらの場合は、作製毎に歯型をとります。歯型の模型上で歯の部分を少し動かし、マウスピースを作製します。

硬さの異なるマウスピース型矯正装置が3枚1セットとなっており、1mm程の動きであれば、1~2セットで歯を移動することができます。それぞれ1~2週間ずつ装着頂き、ご自身で交換します。

  • どちらのマウスピース型矯正装置も、難易度に応じて料金を設定しています。
  • 軽度の方は少ないマウスピース型矯正装置で、短期間で治療が済むので料金は安くなります
  • 歯の移動量が多い場合は、多くのマウスピース型矯正装置の作製が必要になり、時間と費用がかかります

まずはご相談頂き、症状に適した治療法についてご説明いたします。

page top