おとな・中高生の治療例case of adults

上顎前突

前歯の噛み合わせが深い過蓋咬合非抜歯治療

主訴
奥歯でよく噛めない
初診時年齢
13歳
診断名
過蓋咬合
抜歯/非抜歯
非抜歯
装置名
マルチブラケット装置(セラミックブラケット)
治療費用
約60万円(税別) と来院時に調節料5,000円(税別)保定装置料(上下)50,000円
治療期間
1年11ヶ月
治療に関する副作用/リスク
歯の移動時の痛み歯の後戻りむし歯 歯周炎

治療方法・期間・結果は個人により異なります。

真ん中の矢印マークを左右に動かすと治療前後の変化がわかります。

治療後
治療前
初診時
初診時
1年11か月後
1年11か月後

一見、歯並びの問題はないように見えますが、歯を閉じると前歯だけが深く噛み、横から奥歯にかけては上下の歯がほとんど噛めていない状態でした。
上の前歯が下の前歯に深く覆いかぶさっている状態を過蓋咬合、ディープバイトと言います。過蓋咬合は、前歯の噛み合わせが深すぎることで下顎が動かしにくくなり、顎関節症になりやすくなります。また、前歯の噛み合わせが深すぎることで、上下の前歯がすり減って薄くなってしまうこともあります。
この患者さんでは、歯を抜かずに矯正治療を行い、全体の噛み合わせを改善しました。

page top