おとな・中高生の治療例case of adults

叢生

がたがたの歯並び叢生抜歯治療

主訴
歯並びが悪いことが気になっている
初診時年齢
24歳
診断名
叢生
抜歯/非抜歯
小臼歯2本の抜歯
装置名
マルチブラケット装置(ローフリクションセラミックブラケット)
治療費用
約75万円(税別) と来院時に調節料5,000円(税別)保定装置料(上下)50,000円
治療期間
1年7ヶ月
治療に関する副作用/リスク
歯の移動時の痛み歯の後戻りむし歯 歯周炎

治療方法・期間・結果は個人により異なります。

真ん中の矢印マークを左右に動かすと治療前後の変化がわかります。

治療後
治療前
初診時
初診時
1年7か月後
1年7か月後

前歯のガタガタと、全体の咬みあわせが安定していないという問題があり、両方の問題を解決するために上顎の永久歯を2本抜歯し治療を行いました。

できるだけ全てのケースで歯を抜かずに治療したいのですが、顔と歯並びが調和し、治療後も安定する噛み合わせを得るために抜歯が必要な場合があります。また、抜歯をした方が治療期間が短くなることがあります。

治療には目立たないローフリクションタイプの矯正装置を使用しました。

ローフリクションタイプの装置は、歯に極力やさしい力をかけ歯の移動が滑らかに行える装置です。結果として歯の動きが良くなり、特にガタガタを早期に改善できる場合があります。

page top